そばかすは治療で治そう【メラニン色素にダメージを与える】

たるみ解消が大切

基礎化粧品

成分とつけ方のポイント

年齢を重ねるとしだいに目立つようになってくるのがほうれい線です。ほうれい線ができるとぐっと老けた印象を与えるようになりますので、早い段階で対策をはじめましょう。対策として挙げられるのが美容液によって肌にハリを与えることと、表情筋を鍛えること。ほうれい線は深いシワのように思われがちですが、実は顔のたるみが原因で起こります。美容液によって細胞を潤わせてハリを与え、マッサージによって筋力アップをはかることで、ほうれい線を薄くすることができます。ほうれい線ケアのために美容液を選ぶなら、セラミドやヒアルロン酸、リピジュアなどの保湿成分が高濃度に配合されているものを選びましょう。また、コラーゲンやエラスチン、レチノールなど肌にハリを与えてくれる成分も欠かせません。また、ビタミンC誘導体はコラーゲンの生成を促進したり新陳代謝を活性化させる働きがあるほか、美白作用も高い優れたアンチエイジング成分ですのでおすすめです。美容液はつけてすぐにほうれい線が消えるというものではなく、継続して使用する必要があります。使い続けられる価格帯であることも、選ぶ際の重要なポイントとなります。なお、美容液はつけ方にも注意しましょう。どんなに高機能な美容液でも、ちゃっちゃっと適当に肌につけては思ったような効果は得られません。顔につけるときは、まずは手のひらに出して人肌に温め、頬や額、鼻、顎にちょんちょんとつけて、優しく丁寧に伸ばしてなじまるのがポイントです。全体になじませたら、その後に目元やほうれい線など気になる部分に指先で丁寧に重ねづけをします。この重ねづけのひと手間をかけるかどうかで効果が変わりますので、ぜひ行いましょう。決して力は入れず、優しく押さえるようにしてつけるのがコツです。